ニュースリリース

ニュースリリース

東日本大震災を振り返って

  • その他
  • グループ関連

2011年3月11日午後2時46分、三陸沖で発生したマグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震により引き起こされた大災害から、9年が経ちました。

最大震度7の強い揺れと国内観測史上最大の津波を伴い、東北・関東地方を中心とする広い範囲に甚大な被害をもたらしました。

当時は、東京のシンボルとも言える東京スカイツリーが工事中で、設置されたクレーンが大きく揺れていたのを鮮明に覚えています。在宅サービスを利用されているご利用者様を送迎後、帰宅難民となってしまった職員は施設に宿泊する者も多くいました。

またカメリア会としても、被害を受けた湖山医療福祉グループの東北の施設を支援する為、いち早くヘリで駆け付けた湖山代表を追うように現地に向かいました。

江東区にある特別養護老人ホームカメリアには、グループ内外から多くの支援物資が集まり、その物資を被災された施設に届けるべく、同グループの法人と合流し、通常3時間弱の道のりを6時間以上かけて被災施設へ向かったことが今でも思い出されます。

あの日見た景色や湖山医療福祉グループの輪、支援の為に奔走した日々は忘れることなく、今も強く心に残っています。
あれから9年。

様々な想いを忘れずに、日ごろから防災意識を高め、ご利用者様と職員の安心・安全に配慮した施設運営を行って参ります。

(社会福祉法人カメリア会 広報担当)

この記事をシェアする

最新の記事