ニュースリリース

ニュースリリース

渋谷区つばめの里・本町東にて、防災セミナーを開催致しました。

  • 研修・セミナー
  • 渋谷区つばめの里・本町東

みなさんこんにちは。

社会福祉法人カメリア会 広報担当です。

9月2日(木)、渋谷区つばめの里・本町東の多目的ホールにて
【withコロナの時代を生きる 新型コロナと防災セミナー】を開催致しました。

講師以外の皆様には感染症対策の為、オンラインにてご視聴いただき、参加者は総勢200名以上となりました。

講師には、
・湖山医療福祉グループ経営理事 感染対策本部副本部長 小松順子代表補佐
・日本赤十字社医療センター救急科 社会福祉法人カメリア会 諸岡真道顧問医師
・一般財団法人愛生会 厚生荘病院 斎藤吉由副院長
にご登壇いただきました。

オブザーバーとして、湖山医療福祉グループ 湖山代表にもご参加いただきました。

湖山代表、渋谷区つばめの里・本町東の施設長も白衣に身を包み、視聴していただいた皆さまへご挨拶を行いました。

日本赤十字病院で救急救命医として勤務し、9月からカメリア会の顧問医を務める諸岡先生からは、医療現場における新型コロナ対応の現状や東京DMATでの経験をもとに災害対策の講演をしていただきました。

湖山医療福祉グループの感染対策本部副本部長を務めている小松代表補佐からは新型コロナウイルス拡大防止のための取り組みなどをご講演いただきました。

厚生荘病院の副院長をされている斎藤先生からはPCR検査や抗原検査、感染予防についてのご講演をいただきました。

小松代表補佐や、斎藤副院長におきましては、カメリア会の施設における陽性者対応において7月から8月にかけて毎日開催していた【カメリア会コロナ対策会議】にもご参加いただき、医療現場目線での感染対策や、感染者もしくは家庭内感染が起きた際の対策についてお力添えを頂いておりました。

そしてこの日はKERT(カート)の車両第1号がつばめの里に到着しました。
KERTとは、Koyama Emergency Rescue Teamの略で非常時救助隊の役割を担っています。

地域社会・地域住民の命・地域文化 この3つを守る事をポリシーとし、災害時や感染症が発生した際は速やかに出動できるよう、対応して参ります。

セミナーの内容についてはYoutubeでも配信されておりますので、当日参加できなかった方も是非ご視聴ください。

(社会福祉法人カメリア会 広報担当)

この記事をシェアする

最新の記事