ニュースリリース

ニュースリリース

特別養護老人ホームカメリアにて、【ユニットケア・個別ケア】についての研修が行われました。

  • 研修・セミナー
  • 特別養護老人ホーム カメリア

2月14日、特別養護老人ホームカメリアにて、カメリア研修が行われました。

カメリア研修は、毎月一回行われており、今回のテーマは【ユニットケアと個別ケア】
について、ケアマネジャーからお話がありました。

研修には、特別養護老人ホーム、ショートステイ、グループホーム、
デイサービスの各事業所から、14名の職員が参加しました。

日々のお客様へのケアの中では、【こやまケア】を遵守していますが、改めて、
『お客様にとってどんな施設が良いか』をグループに分かれ意見を出し合いました。

先程にもあった、【こやまケア】とは、10の行動指針のことを指しています。

1 私達は、全てのお客様を温かくお迎えし、お一人おひとりに寄り添うケアを致します。
2 私達は、お客様の歩んできた人生を大切にし、その方らしさを尊重します。
3 私達は、お客様が安心して過ごせるよう、目配り、気配り、心配りを忘れません。
4 私達は、お客様の夢や希望をかなえることを一番の喜びとします。
5 私達は、お客様の喜び、悲しみ、楽しみをともに分かち合います。
6 私達は、お客様の生き生きとした輝く笑顔が何よりも大好きです。
7 私達は、お客様の生きる力を引き出す為にチーム全体で取り組みます。
8 私達は、お客様が家族や大切な人との交流がはかれるよう支援致します。
9 私達は、お客様のプライバシーを何者からも守ります。
10 私達は、お客様のお体の具合に常に気を配ります。

今回の研修では、各グループを10の指針から一つ選び、グループごとに発表を行いました。

私達職員が、お客様の立場に立ち、キモチに寄り添って考え、行動することで、
これからもケアの質の向上をチーム全体で目指します。


(社会福祉法人カメリア会 広報担当)

この記事をシェアする

最新の記事