ニュースリリース

ニュースリリース

渋谷区つばめの里・本町東にて、敬老会が執り行われました。

  • イベントレポート
  • 渋谷区つばめの里・本町東

9月17日(月)は、敬老の日ということで、渋谷区つばめの里・本町東
にて「敬老会2018」が執り行われましたので、レポート致します。

まずはじめに第一部は、湖山医療福祉グループの湖山代表からあいさつがありました。

次に渋谷区長 長谷部 健様より来賓のあいさつをいただき、
「現在の渋谷区の最高齢の方は111歳です。皆様も最高齢者を是非目指してください。」
とお話がありました。

続けて、渋谷区議会議長 丸山 高司様より、来賓のあいさつをいただいた後に、
最高齢者のお二人に、長谷部区長、丸山議長より花束が贈呈されました。

お一人目の方が100歳、お二人目の方が95歳です。

さらに、湖山代表による祝い年の還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・紀寿の表彰・記念品の贈呈が行われました。

皆様笑顔を浮かべ、ありがとうと感謝のキモチをおっしゃっていました。

第ニ部は、以前、カメリア桜ヶ丘でもご講演いただいた
【友近890(やっくん)】様にお越しいただきました。

友近890様は、歌いながら書道をする日本唯一のシンガーソングライターで、書家として
美術年鑑にも登録されています。東日本大震災の被災地ライブを経て、日本一周をしながら
「笑顔を届ける施設ライブ」と題し、全国各地の福祉施設に出向いて、年間200ヶ所以上、
これまでに約1200施設でライブを開催されているそうです。

往年のヒットソング、糸や、青い山脈、川の流れのようになどたくさんの曲
を披露していただき、ご利用者様含め、職員も一緒に手拍子をしました。

ライブの中盤には、じゃんけん大会も行われ、会場は大いに盛り上がりました。

じゃんけん大会の末、勝利を納めたのはこちらのご利用者様です。
ご家族の方も涙を浮かべ、喜んでくださいました。

最後には、圧巻の歌いながら書道をご披露いただきました。
「こころ」という文字があっという間に「響」と変化し、
大きな歓声と拍手に包まれ、敬老会閉会の運びとなりました。

これからも、表彰させていただいたご利用者様だけでなく、すべての
ご利用者様が健康で楽しく、生き生きとした生活が行えるよう精進いたします。

また来年も、再来年も敬老会を催しますので、ご利用者様の1年を、
今日からまた気持ち新たに、お伝えできればと思います。

(社会福祉法人カメリア会 広報担当)

この記事をシェアする

最新の記事