ニュースリリース

ニュースリリース

特別養護老人ホームカメリアに、ブルネイの方々が施設見学に来られました。

  • その他
  • グループ関連

 

カメリア会 海外事業支援担当です。

2018年4月15日、厚生労働省からのご要請を頂き、特別養護老人ホームカメリアにブルネイ国保健大臣、駐日大使の視察団が訪れました。

日本とブルネイ国は、共にアジアにおける立憲君主制の国家として、緊密な友好関係を育んできました。今回の視察の目的は、ブルネイ国は介護・福祉の分野において課題が増える中、湖山医療福祉グループの一員であるカメリア会の施設現場をご視察して頂き、対話や交流を通じた活動により、アジア諸国を始めとする国々の国際協力の推進を図り、より良い関係を築くためです。

今回、視察に訪れたのは7名で、そのうちブルネイ国保健大臣1名、駐日大使1名、諸担当の方と厚生労働省担当1名です。

高橋経営理事、久保部長より歓迎の挨拶の後、湖山医療福祉グループとカメリア会の事業説明を行いました。ご一行は日本の福祉に関する制度や運営方法などに大変興味を持っていただき、次々と質問され、とても熱心な皆様でした。

施設見学では、施設の作りや設備にもとても驚かれ、感心されていました。
特別養護老人ホームカメリアの屋上での記念撮影も行われ、日本の施設の魅力を十分に伝えられたかと思います。

これからも、カメリア会は介護・福祉の分野において、様々な国と交流し、お客様により良いサービス提供できるよう努力していく所存です。

(カメリア会 海外事業支援担当)

この記事をシェアする

最新の記事