介護コラム第3弾 スタッフインタビュー「介護職ってどうなの?大変なの?」


介護業界で働いていると、知人にいろんなことを聞かれる。

「大変でしょ?」「楽しい??どんな感じ?」なんて、私が介護業界で働き始めたころはしょっちゅう。

介護にはネガティブイメージがつきまとうことも少なくない。

果たしてそれは本当のイメージなのだろうか。

働いているスタッフはどう感じているのか。

実際にカメリア会のスタッフに聞いてみた。

IMG_2001

グループホーム勤務 介護職

「大変そうだってよく言われるけど、結構やりがいのある仕事」

「私がこの仕事をしようと思った理由は、多くの高齢者の方を笑顔にすることのできる、やりがいのある仕事だと感じたから。

実際に介護という仕事をしてみて、お客様の命に関わる責任の重い大変な仕事ではあるけれども、

お客様とのコミュニケーションの中で笑顔が見れることや、

「ありがとう」と言ってもらえた時などたくさんのやりがいを感じることができます。

すべての業務を安全に行う事が出来るように業務の流れを覚えるだけでなく、

お客様の特徴を学び、一人ひとりに合った関わり方が出来るように工夫したり。

どんな仕事でもそうだと思いますが、お客様に喜んでもらえることが自分の喜びですし、自信にもなります。

福祉の仕事はお客様との関わりが他のどんな仕事よりも深いから、大変なのは間違いないですけど、

その分だけ楽しいです。」
line-02

介護の先行したネガティブなイメージだけで、介護について深く知ってもらえないのは勿体ないと彼は話す。

メディアではなかなか放送されない福祉業界の明るい部分。

知らない人には知ってほしいと切実に想う。