KOYAMAフレッシャーズフェス2016参加報告


10月11、12日の2日間にわたり、湖山医療福祉グループの新入職員全員が参加する合同研修、KOYAMAフレッシャーズフェス2016が開催されました。

今回もカメリア会と白山福祉会での合同発表で、特別養護老人ホームカメリアやなりひらホームから見えるスカイツリーの公式キャラクターである、「ソラカラちゃん」にちなんで、
「ソラカラちゃんダンス!」を披露させていただきました。

練習を合わせる機会が本番当日のみでしたが、無事に発表を終えることができました。

その後の懇親会にて湖山医療福祉グループ新入職員、約400名の仲間との絆を深めました。

2日目は東京ディズニーシーにて、接遇を学ばせて頂きました。

ディズニーではこんな1シーンを見ることができました。

道端でポップコーンをこぼしてしまったお子様がいました。それを見たスタッフはインカムで連絡をし、パーク内を周回するバスからすぐに「ほうき」と「ちりとり」を取り出し、掃除しました。

まだ少しポップコーンが残っています。次にバスのドライバーが「ほうき」と「ちりとち」を取り出し、残りを掃除しました。

パークの清潔感を保つために、連係プレーが垣間見れた瞬間でした。

私も見事な作業に関心しました。

福祉施設でも、ゴミが落ちていたらすぐに拾う、手が離せない状況なら他の職員にお願いする。チームプレーって大事ですね。

気持ちよく生活できる場を提供するのも、私たちのお仕事です。

2日間の研修で学んだことを、各施設に戻っても活かしていけるよう努力していければと思います。

(社会福祉法人カメリア会 広報担当)

合成2