人事院「介護等実地体験」の派遣先として、特養カメリア(江東区)で受け入れ


6月6日(月)、特別養護老人ホームカメリア(江東区)にて、人事院の依頼により各府庁から3名の研修員を受け入れました。

人事院が行う「介護等実地体験」は福祉施設において、介護補助業務などを体験し、お客様との交流やスタッフとの意見交換などを通じて福祉の現場を知り、現状についての理解を深めることが目的だそうです。

社会や地域のあるべき姿、ボランティア活動の役割や機能などについて、所属する府省の枠を超えた広い立場から、サービスの在り方について考えるため、国民の目線に立った国民のための行政の展開を行っていくとのことです。

今回の体験は、5日間に亘り行われるとのことで、介護の現場を間近に体験していただきました。

研修員の方々に話を伺うと、特養カメリアのようなユニット型の施設を訪れるのは初めてだそうです。

カメリアでの体験をきっかけに少しでも福祉に関心を持って、これからのお仕事に活かしていってほしいと思います。

IMG_2603

IMG_2611

IMG_2615

IMG_2619

(社会福祉法人カメリア会 広報担当)